読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

影響を受けた上司の思い出と今日の私

専門職であるがゆえに転職が容易な為、かなりたくさんの人の出入りを見たり、私自身も今まで2回転職しました。

また色々書きたいのですが良い意味で印象に残っている上司について書きます。

 

私が新卒で入った職場の部署は日当直があり、365日24時間な職場だった為、男性と独身女性しかいませんでした。

結婚出産適齢期を迎えた女性の出入りはとても激しく、それを過ぎた女性は結婚できない・もしくはしない人たち。

結構なお局様もいたので男性の所属部署長は本当に大変そうでした。

上司は仕事ももちろんハード。

かなり抱え込むタイプの人で、人に仕事を振れないタイプでした。

あまり職場の雰囲気は良くなく、相変わらず退職者がポツポツでる状況でした。

私は何故か上司と馬が合い、楽しくやっていました。

何があったのかは分かりませんが、いつからかその上司、後輩に仕事を振るようになりました。

もう無理だったのかもしれません。

後輩たちが成長して任せられるレベルになったのかもしれませんが、それまでいた退職者たちだってそのレベルだったはず。

本当に何があったのかは分かりませんが、この頃から退職者がぱたっといなくなりました。

残業も減りました。

アイディアを出しあったり、助けられる所は助け合ったり、帰れる日は定時ぴったりに帰ったり。時間があれば勉強会に行ったり、資格をとったり。

好循環でした。

残念ながら私は結婚して転居した為退職しましたが近くに住めていたらパートでも働きたかった位です。

その上司、転勤になりましたが実績が評価され、超栄転だったそうです。

私が結婚する時、上司は夫に「バームさんの仕事に対する思いを大事にしてあげてください」と言ってくれました。

そのときのことを思い出すとまだまだ頑張るぞと思います。

が、私、本日仕事でげんなりなことがあってどっぷり疲れました。

保育園も延長して息子ごめん!と思いながら迎えに行ったらPPAPをノリノリで歌ってたのでよしとします(笑)

 乱文ですが、明日も頑張るぞ!